最新記事

総合トップ

血糖値の急上昇を防ぐには? 糖尿病対策のポイント

初期の段階ではあまり自覚症状がないにもかかわらず、進行すると網膜症や腎症、神経障害といった重い病気を引き起こすこともある糖尿病。厚生労働省によれば(平成24年「国民健康・栄養調査」)、糖尿病が強く疑わ …

着用するものによって変わる眠りの質。
快眠を得るためには〝パジャマ〟を着よう!

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂先生 寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロ …

若い頃からロコモを意識することが、将来的なロコモ予防につながります

大江隆史先生 医学博士/NTT東日本関東病院手術部長。1985年3月、東京大学医学部医学科卒業後、東京大学整形外科医局入局。医局の関連病院で研修後、1992年7月、東京大学医学部附属病院文部教官助手。 …

睡眠のメカニズムを理解して、夏の夜をぐっすりと

安眠を妨害するのは、日本特有の湿度の高さ  夏の夜は〝どうも眠れない〟とか〝ぐっすり眠った気がしない〟という方が多いようですね。それは、日本特有の気候が睡眠のメカニズムを邪魔するためだと考えられます。 …

アミノ酸は〝いのちのもと〟

アミノ酸って何なのでしょう?  アミノ酸は、たんぱく質のもとです。  私たちがものを食べるのは、食物からたんぱく質をはじめさまざまな栄養素を摂るためです。中でもたんぱく質は、体の約20%をつくる大切な …

この時期の過ごし方が大切! 夏の疲れをリセットしましょう

厳しい暑さの日が続いた8月も、もう終わり。9月に入れば朝晩も涼しくなり、体調も万全に……となればうれしいのですが、夏の疲れがなかなか取れず、むしろたまっていくように感じる方 …

基礎代謝を向上させる〝褐色脂肪細胞〟の活性化を心がけて、食欲の秋の肥満を防止しましょう!

医学博士 稲次潤子先生 千葉大学医学部卒業。米国にてケネス・H・クーパー博士のもとでエアロビクス理論、予防医学の基礎を学ぶ。専門分野は予防医学、スポーツ医学等。藤沢市保健医療センターで医師として、生活 …

保湿と清潔が夏の健康肌のキーワード

汗に紫外線、エアコン…。夏は健康肌の敵がいっぱい  夏がやってきました。適度に日焼けした小麦色の肌はいかにも健康的なイメージですが、実は夏には肌の健康を脅かす外敵がたくさんいるのです。 …

熱帯夜に負けない! 心地よい眠りのためのポイント

今年の夏は、まだ梅雨が明けないうちから全国各地で熱帯夜(夜間の最低気温が25℃以上の夜)を記録。「今夏も猛暑」という予報のとおり、その後も厳しい暑さの日が続き、体調を崩してしまった方もいらっしゃるかも …

リラックスできる睡眠環境こそ快眠の基本。今一度、自分の睡眠環境を見直してみましょう。

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂先生 寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロ …