農芸化学会の英文誌(Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry)に掲載中のカプシエイト類に関する研究論文※2が、B.B.B.論文賞(2006年)を受賞しました。これは、京都大学大学院農学研究科の伏木教授を中心としたグループの研究論文です。

「日本農芸化学会 授賞式会場にて(左側 井上氏 右側 川端氏)」

▼受賞論文の内容
本論文では、カプシエイト類を高含有するCH-19甘を2週間摂取させることにより、体重・体脂肪が減少することをヒトを対象にした試験で明らかにしました。

※1: Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry

※2
Effects of CH-19 Sweet, a Non-Pungent Cultivar of Red Pepper, in Decreasing the Body Weight and
Suppressing Body Fat Accumulation by Sympathetic Nerve Activation in Humans.
F. Kawabata, N. Inoue, S. Yazawa, T. Kawada, K. Inoue and T. Fushiki.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol. 70 (2006), No. 12, pp.2824-2835

▼参考
この他にカプシエイト類に関する論文としては、京都大学の大貫氏をはじめとした研究グループと静岡県立大学の古旗(こばた)助手をはじめとした研究グループの論文が、過去にB.B.B.論文賞を受賞しています。

○Administration of Capsiate, a Non-Pungent Capsaicin Analog, Promotes Energy Metabolism and Suppresses Body Fat
Accumulation in Mice.
K..Ohnuki, S.Haramizu, K..Oki, T.Watanabe, S.Yazawa, and T.Fushiki  
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol. 65 (2001), No. 12, pp.2735-2740

○Enzymatic Synthesis of a Capsinoid by the Acylation of Vanillyl Alcohol with Fatty Acid Derivatives Catalyzed by Lipases.
K. Kobata, M. Kawaguchi, and T. Watanabe  
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol. 66 (2002), No. 2, pp. 319-327

論文内容の概要はこちらをご覧ください。(日本語)

カテゴリー一覧

  • 睡眠
  • 足腰
  • 肥満
  • 冷え
  • 風邪
  • 目・脳(こども)
  • 美容
  • 骨
  • 更年期
  • 熱中症
  • 疲労
  • アミノ酸
  • 血糖値