厳しい暑さの日が続いた8月も、もう終わり。9月に入れば朝晩も涼しくなり、体調も万全に……となればうれしいのですが、夏の疲れがなかなか取れず、むしろたまっていくように感じる方もいらっしゃるかもしれません。実は、こうした“夏バテ”が起きるパターンにもさまざまなものがあるようです。

夏のはじめ、6月の下旬から7月の上旬にかけては、気温が急激に上がります。このとき、体がまだ夏の暑さに対応しきれず、だるさや疲れを感じるのが“初夏の夏バテ”です。そして夏本番を迎えてからの時期は、日中の最高気温とエアコンを効かせた室内(オフィスや電車・バス・車の中、自宅など)の温度差などによって体の不調が生じるパターンが多くなります。

さらに、これからの時期に気をつけたいのが、残暑も和らいできた頃に現れる“遅い夏バテ”。これは、夏の間にたまっていた疲れがドッと出るパターンで、秋バテとも呼ばれます。夏の盛りの間は元気だった方によくみられるので、「この夏は調子がよかった」という方も油断はできません。

これらの夏バテの大きな原因は、体のさまざまな機能を調節する「自律神経」の乱れです。加えて、夏場は体力の消耗が激しいにもかかわらず、食欲が衰えて栄養不足に陥りやすいことも原因のひとつ。今のうちに体調を整え、元気に秋を迎えたいですね。

夏の間にたまった疲れが出てくる頃。体を十分にいたわりましょう。

入浴で自律神経のバランスを整えましょう

  • ・夏はシャワーを浴びるだけという方もいらっしゃるかと思いますが、できればぬるめのお湯につかって体をリラックスさせ、自律神経の働きを整えるようにしましょう。また、床につく1~2時間ぐらい前に入浴することで寝つきがよくなり、深い睡眠が得られるといわれています。
  • ・疲労感の回復に大きな効果があるのは、何といっても睡眠です。夏の間、夜更かしをしたり、生活リズムが変わって、知らぬ間に睡眠不足になっていませんか? 就寝時間や起床時間はなるべく一定にして、規則正しい睡眠パターンを取り戻しましょう。

夜更かしなど、生活リズムの乱れも夏バテの原因になります。

たんぱく質に加え、ビタミンB群・ビタミンC、ネバネバ食品も摂りましょう

  • ・健康や体力の維持に大切な栄養がたんぱく質です。たんぱく質を豊富に含む肉、魚、大豆食品を積極的に摂りましょう。さまざまな食材から摂るのが理想ですが、中でも、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む豚肉、鉄分などのミネラルも豊富なカツオ、食物繊維も摂れる枝豆などはおすすめです。
  • ・水溶性のビタミンであるビタミンB群、ビタミンCは汗などと一緒に体外に出ていってしまうため、夏は特に不足しがちです。ビタミンB群を多く含むにんにく、レバー、卵や、ビタミンCを多く含むピーマン、ゴーヤ、ブロッコリーなどを摂りましょう。
  • ・夏は内臓、特に胃腸が疲れやすくなっています。ネバネバ成分であるムチンには、胃腸を整える働きがあります。ムチンを多く含むオクラや山芋、納豆などのネバネバ食品をおすすめします。

関連するタグ

カテゴリー一覧

  • 睡眠
  • 足腰
  • 肥満
  • 冷え
  • 風邪
  • 目・脳(こども)
  • 美容
  • 骨
  • 更年期
  • 熱中症
  • 疲労
  • アミノ酸
  • 血糖値