アミノ酸とは?

そもそもアミノ酸って何?

 私たちの体は、水分が約60%、糖質・脂質が約20%、タンパク質が約20%を占めます。カラダのタンパク質は20種類のアミノ酸から構成されています。皮膚、筋肉、骨、臓器、血液、ホルモンなど、人の大部分はアミノ酸からできています。(図1)

図1:アミノ酸って何?

アミノ酸“シスチン”と“テアニン”って何?

 タンパク質という言葉をお聞きになったことはありますか?筋肉や臓器など、カラダのさまざまな部分はタンパク質で作られています。そして、このタンパク質は「アミノ酸」からできています。“シスチン” はアミノ酸の1種であるシステインが2つ結合したもので、食べ物でいうと鶏肉などの肉類に多く含まれるアミノ酸です。一方、“テアニン”はアミン酸の1種であるグルタミン酸とエチルアミンが結合したもので、お茶の葉に含まれる“うま味成分”です。(図2)

図2

 最近、この“シスチン”と“テアニン”を一緒に食べると免疫力がアップし、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、激しく運動した後の筋肉の炎症が抑えられたりすることが分かってきました。
では、どうしてアミノ酸“シスチン”と“テアニン”が自然免疫力をアップさせるのでしょうか。実はアミノ酸“シスチン”と“テアニン”は、自然免疫を担当する常設の前線部隊(マクロファージ、NK 細胞など)の働きを活発にすることで、免疫力をアップさせます。

味の素(株)はアミノ酸“シスチン”と“テアニン”が「免疫力」をアップさせ、風邪やインフルエンザ対策に効果があることを発見しました。

アミノ酸“シスチン” と“テアニン” の免疫力アップの3つの効果

  • 【1】風邪を予防し、かかっても症状を和らげる!
  • 【2】インフルエンザワクチンの効果を増強する!
  • 【3】過度の運動負荷による免疫力の低下を抑制する!

カテゴリー一覧

  • 睡眠
  • 足腰
  • 肥満
  • 冷え
  • 風邪
  • 目・脳(こども)
  • 美容
  • 骨
  • 更年期
  • 熱中症
  • 疲労
  • アミノ酸
  • 血糖値