「暑くて眠れない」「寝ても疲れがとれない」「昼間にぼーっとしてしまう」――暑い夏はぐっすり眠ることができず、このような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
ぐっすり眠る鍵は、寝る前の体温の“上げ・下げ”にありました。ちょっとした工夫で”質の良い睡眠“をとり、元気に過ごしましょう。

どうして夏は眠れないの?

 ヒトは1日の中で体温サイクルがあり、起きている時間帯はカラダの中心部分の深部体温が上がり活動的に動いています。就寝時には深部体温を下げて眠る準備をします。
 夏の不眠は、暑さや高い湿度による不快感に加えて深部体温の低下がスムーズに行われず、自然な深い眠りに入れないことが大きな原因のひとつです。特に近年は、夜の時間帯でも温度・湿度が高いため、深部体温が下がりにくく、結果として寝つきが悪い、寝ても途中で起きてしまう、といったことが起こりがちです。
 また、睡眠の中でも脳を休息させるノンレム睡眠や、特に深い睡眠の徐波睡眠を得るためには、深部体温の低下が不可欠です。眠れているはずなのに、寝起きのすっきり感が足りない…という方は、深部体温が十分に下がっていない可能性があります。

ポイントは、体温の“上げ・下げ”

 では、深部体温をうまく下げるにはどうすれば良いのでしょうか。
 ポイントは、体温の“上げ・下げ”です。まず一度体温を上げることにより、体温が下がりやすい環境を作ることが大切です。例えば、夕食にトウガラシなどを使った料理を食べる、就寝の3時間程前に軽い運動を行う、ぬるめのお湯に入浴をするなどして一度体温を上げることにより、その後体温がスムーズに下がる力を利用して床に就くことで、自然な眠りにつきます。(図1)。

図1

夕方に体温を“上げる”方法

夕方に体温を“上げる”方法

  • ・トウガラシなどを使った料理を食べる
  • ・就寝3時間程度前の軽い運動をする
  • ・ぬるめのお湯に入浴する

 しかし、年齢を重ねるにつれて1日の体温変化はゆるやかになり、就寝時の深部体温は下がりにくくなります。ストレスなどがある場合も同様です。その結果、眠りが浅くなることが分かっています。そこで、体温を上げる方法にプラスして、体温を下げる方法を効果的に取り入れる事が大切です。当社の1世紀にわたるアミノ酸研究から、アミノ酸“グリシン”には就寝時の深部体温を下げる効果があることがわかっています。“グリシン”を摂取することにより、就寝時の深部体温をすみやかに下げて深い睡眠に入ることができます。

就寝時に体温を“下げる”方法

アミノ酸“グリシン”を就寝前に摂取する

アミノ酸“グリシン”の摂取により、深部体温の“上げ・下げ”を効果的に行うことで、質の良い睡眠へ!

注目成分! 就寝時の深部体温低下をサポートする アミノ酸“グリシン”!!

アミノ酸“グリシン”とは?

 私たちは毎日の食事からタンパク質を摂取していますが、そのタンパク質を構成しているアミノ酸のひとつが“グリシン”です。“グリシン”は自然界に多く存在しており、特にエビやホタテなどの魚介類に多く含まれています。また、皮膚のコラーゲンを構成する成分としても知られています。

【アミノ酸“グリシン” 特長1】 深部体温を下げて深い睡眠へ!

 味の素㈱のアミノ酸研究において、動物にアミノ酸“グリシン”を投与すると深部体温がすみやかに低下することが分かってきました。(図2)
 また、ヒトにおいても、就寝前に“グリシン”を3g摂取すると、手足から体内の熱放散を促し、深部体温を低下させることが分かっています。

図2:“グリシン”投与により、深部体温がすみやかに低下

*:P<0.05
河合ら、第32 回日本睡眠学会学術集会(2007)

【アミノ酸“グリシン” 特長2】 睡眠リズムを整え、夜中に目を覚まさず、朝まで ぐっすり!

 アミノ酸“グリシン”を3g摂取すると、就寝直後に深い睡眠である徐波睡眠にすみやかに到達していることや、徐波睡眠量も増えていることがわかっています。また、夜中に目を覚ましてしまう中途覚醒や、早朝に起きてしまう早朝覚醒も減り、睡眠リズムが安定して熟眠感が得られることも分かっています。(図3)

図3:ヒト脳波試験 グリシン摂取により、深い睡眠が得られて質の良い睡眠へと改善

対照食(プラセボ)摂取時 〈質の悪い睡眠〉

アミノ酸“グリシン”摂取時 〈質の良い睡眠〉

Yamadera,W. et al., Sleep and Biological Rhythms 5(2). 126-131(2007)

【アミノ酸“グリシン” 特長3】 スッキリと目覚められる!

 就寝前にアミノ酸“グリシン”3gを摂取すると、起床時の疲労感が改善し、気分も良い方に改善されることが研究により確認されています。(図4)(図5)

図4:起床時の疲労感の軽減

図5:起床時の気分の改善

*:P<0.05
Inagawa, K. et al., Sleep and Biological Rhythms 4 (1), 75-77 (2006).

【アミノ酸“グリシン” 特長4】 日中の眠気が改善し、作業効率もアップ!

 睡眠に不満を感じていないヒトに睡眠不足の状態をつくり、就寝時に“グリシン”と対照食を摂取してもらうと、“グリシン”を摂取した人は日中の疲労感や眠気が減り、作業効率がアップすることが味の素㈱の研究によりわかっています。(図6)(図7)

図6:日中の眠気の減少

図7:パソコンの反応時間などの日中の作業効率の向上

†:P<0.1 *:P<0.05
Bannai, M. et al., Frontiers in Neurology 3, 61(2012)

 夏の夜の快眠法のポイントは、体温の“上げ・下げ!”ということをご理解いただけましたでしょうか?就寝前のアミノ酸“グリシン”の摂取により、睡眠リズムを整えて“質の良い睡眠”をしっかりとり、暑い夏を元気に過ごしましょう!

関連コンテンツ

カテゴリー一覧

  • 睡眠
  • 足腰
  • 肥満
  • 冷え
  • 風邪
  • 目・脳(こども)
  • 美容
  • 骨
  • 更年期
  • 熱中症
  • 疲労
  • アミノ酸
  • 血糖値