最新記事

アドバイス

着用するものによって変わる眠りの質。
快眠を得るためには〝パジャマ〟を着よう!

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂先生 寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロ …

若い頃からロコモを意識することが、将来的なロコモ予防につながります

大江隆史先生 医学博士/NTT東日本関東病院手術部長。1985年3月、東京大学医学部医学科卒業後、東京大学整形外科医局入局。医局の関連病院で研修後、1992年7月、東京大学医学部附属病院文部教官助手。 …

基礎代謝を向上させる〝褐色脂肪細胞〟の活性化を心がけて、食欲の秋の肥満を防止しましょう!

医学博士 稲次潤子先生 千葉大学医学部卒業。米国にてケネス・H・クーパー博士のもとでエアロビクス理論、予防医学の基礎を学ぶ。専門分野は予防医学、スポーツ医学等。藤沢市保健医療センターで医師として、生活 …

リラックスできる睡眠環境こそ快眠の基本。今一度、自分の睡眠環境を見直してみましょう。

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂先生 寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロ …

「たんぱく質」と「カルシウム」の効率よい摂取でロコモ予防を!

望月理恵子先生 管理栄養士。山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、日本臨床栄養競技会評議員、ダイエット指導士、サプリメント・ビタミンアドバイザー等を務めながら、愛用・美容学の分野で、雑誌 …

油断すると太りやすくなる暑い季節。代謝が低下しないように気をつけましょう。

医学博士 稲次潤子先生 千葉大学医学部卒業。米国にてケネス・H・クーパー博士のもとでエアロビクス理論、予防医学の基礎を学ぶ。専門分野は予防医学、スポーツ医学等。藤沢市保健医療センターで医師として、生活 …

体型や季節に合った寝具選びで、体がリラックスできる快眠生活を

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂先生 寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロ …

簡単な筋トレ運動の継続とストレッチ、そして食事・睡眠で、ロコモ予防を

保健学博士 石田 良恵先生 女子美術大学名誉教授/日本ウエルネススポーツ大学教授。81年より東京大学で身体組成の研究に従事。89~90年フロリダ大学スポーツ科学研究所客員教授。専門は皮下脂肪・減量・加 …