最新記事

グリシン

最近、しっかり眠れていますか?
よりよい睡眠のためにアミノ酸
“グリシン”が「睡眠の質」を高めます

こんな症状ありませんか? あなたの「睡眠の質」をチェックしましょう □ なかなか眠れない □ 夜中に目が覚める □ 朝早く目が覚める □ 翌朝も目覚めがスッキリしない □ 日中も元気に過ごせない □  …

睡眠の質を高めるアミノ酸“グリシン”

アミノ酸とは?  私たちのカラダは、水分が約60%、糖質・脂質が約20%、タンパク質が約20%を占めます。カラダのタンパク質は20種類のアミノ酸から構成されています。皮膚、筋肉、臓器、ホルモンなど、人 …

アミノ酸“グリシン”が睡眠の質を向上するとともに、肌質を改善することを確認

-第62回日本栄養・食糧学会に報告 - 鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科の山﨑俊介准教授を中心としたグループは、アミノ酸“グリシン”を就寝前に摂取することより、肌質の改善(皮膚 …

アミノ酸“グリシン”(※1)摂取により、入眠時の深部体温を低下させ、睡眠の質・睡眠量が改善されることを発見!

-第32回日本睡眠学会にて発表-  味の素株式会社(社長:山口範雄 本社:東京都中央区)は、アミノ酸“グリシン”が、末梢血流を増加させ熱放散を促し、睡眠と関係が深いとされる深部 …

アミノ酸“グリシン”が睡眠の質を向上するとともに、肌の水分を維持することを確認

−第61回日本栄養・食糧学会に報告 − 鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科の山ヵ俊介准教授を中心としたグループは、アミノ酸“グリシン”を就寝前に摂取することより、(1)睡眠の質の …

国際神経精神薬理学会
アジア分科会のシンポジウムで講演

神経精神疾患関連で最も権威を持つ国際学会の1つである国際神経精神薬理学会※1(CINP;Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum)のアジ …

アミノ酸“グリシン”にラットの睡眠量を増加させる効果があることを確認

−第31回日本睡眠学会で発表− 味の素(株)健康基盤研究所(所長:高橋迪雄、神奈川県川崎市川崎区)は、グリシンの睡眠改善効果について研究を進め、グリシンがラットの休息期において 睡眠量を増加する作用が …

アミノ酸“グリシン”が起床時の疲労感を軽減し、爽快感を増すことを確認

-Sleep and Biological Rhythmsに報告- 味の素(株)健康基盤研究所(所長:高橋迪雄、神奈川県川崎市川崎区)と東京慈恵会医科大学精神医学講座(東京港区)・山寺医師は、睡眠に問 …