最新記事

美容

血糖値の急上昇を防ぐには? 糖尿病対策のポイント

初期の段階ではあまり自覚症状がないにもかかわらず、進行すると網膜症や腎症、神経障害といった重い病気を引き起こすこともある糖尿病。厚生労働省によれば(平成24年「国民健康・栄養調査」)、糖尿病が強く疑わ

着用するものによって変わる眠りの質。
快眠を得るためには〝パジャマ〟を着よう!

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂先生 寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロ

若い頃からロコモを意識することが、将来的なロコモ予防につながります

大江隆史先生 医学博士/NTT東日本関東病院手術部長。1985年3月、東京大学医学部医学科卒業後、東京大学整形外科医局入局。医局の関連病院で研修後、1992年7月、東京大学医学部附属病院文部教官助手。

睡眠のメカニズムを理解して、夏の夜をぐっすりと

安眠を妨害するのは、日本特有の湿度の高さ  夏の夜は〝どうも眠れない〟とか〝ぐっすり眠った気がしない〟という方が多いようですね。それは、日本特有の気候が睡眠のメカニズムを邪魔するためだと考えられます。

アミノ酸は〝いのちのもと〟

アミノ酸って何なのでしょう?  アミノ酸は、たんぱく質のもとです。  私たちがものを食べるのは、食物からたんぱく質をはじめさまざまな栄養素を摂るためです。中でもたんぱく質は、体の約20%をつくる大切な

着用するものによって変わる眠りの質。 快眠を得るためには〝パジャマ〟を着よう!

睡眠のメカニズムを理解して、夏の夜をぐっすりと

熱帯夜に負けない! 心地よい眠りのためのポイント

リラックスできる睡眠環境こそ快眠の基本。今一度、自分の睡眠環境を見直してみましょう。

睡眠不足になりがちな夏。睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を!

体型や季節に合った寝具選びで、体がリラックスできる快眠生活を

冬の快眠のポイントは、ポカポカ体をキープすること!

暑さとストレスに負けない夏の快眠法

最近、しっかり眠れていますか? よりよい睡眠のためにアミノ酸 “グリシン”が「睡眠の質」を高めます

123