急激な気温の低下や空気の乾燥、あるいは運動不足などによる血行不良……。今年も、体調管理に十分気を配らなければならない季節がやってきました。特に、風邪・インフルエンザを予防するには、日頃の心がけが大切だといわれています。

ところで、なぜ冬場は風邪やインフルエンザにかかりやすくなるのでしょう? 主な理由としては、

  • (1) 空気の乾燥により、ウイルスが空気中を浮遊しやすくなる
  • (2) 喉や鼻の粘膜が乾き、ウイルスが体内に侵入しやすくなる
  • (3) 会社や学校、電車内などで、他人からウイルスが感染しやすくなる
  • (4) 屋内(閉め切った窓)の環境により、ウイルスがまん延しやすくなる

などが考えられます。

そしてもうひとつ、体内の異物(ウイルスや細菌)と戦う、体の抵抗力(免疫力)が低下することも大きな原因とされています。この抵抗力は、20代の頃をピークに、年齢とともに低くなり、50代ではピーク時の半分ほどまで低下するといわれています。

“抵抗力の低下”と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、例えば、下記のような症状に心当たりはありませんか?

  • □ しっかり寝ても、疲れがとれにくい
  • □ すぐに口内炎やヘルペスができる
  • □ 風邪をひくと治りにくくなった
  • □ 花粉症やアトピーの症状がひどくなった
  • □ 季節の変わり目など調子を崩しやすい

これらの症状は、“抵抗力の低下”の現れともいわれています。

抵抗力が低下すると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

抵抗力をアップするための生活習慣や食事とは?

風邪やインフルエンザを予防するには、抵抗力を低下させないための生活習慣や食事を心がけることが大切です。

  • ・運動不足やストレスの蓄積、睡眠不足は抵抗力を低下させてしまいます。体を動かして血行をよくしたり、入浴などによってリラックスし、ストレスを発散させましょう。また、質の高い睡眠をとることも大切です。
  • ・偏った食生活も抵抗力低下の原因となります。免疫細胞を構成するアミノ酸を摂るために、タンパク質を多く含む食品(肉・魚・大豆など)を積極的に食べるとともに、抵抗力をサポートする働きのある各種ビタミン・ミネラルが豊富な緑黄色野菜・根菜類を食べることをおすすめします。
  • ・腸内には、免疫細胞の約60%が集まっているといわれています。腸内の環境を整えるために、乳酸菌を多く含む発酵食品(ヨーグルトや納豆など)を食べるのもよいでしょう。
  • ・ウイルスや細菌が体内に侵入しないようにすることが大切です。家に帰ったら(仕事中も、外からオフィスに戻ったら)、うがいと手洗いを忘れないようにしましょう。
  • ・室内は、空気の入れ替えを適度に行うとともに、適切な湿度(50~60%が目安)に保つようにしましょう。

ウイルス感染や寒さへの抵抗力をアップする習慣が大切です。

風邪とインフルエンザの違いとは?

風邪は、喉の痛み、鼻水、くしゃみなどの症状が初期に見られ、熱が出た場合でも、37~38℃の間にとどまるケースがほとんどです。一方、インフルエンザは、香港A型、ソ連A型といった感染力の強いウイルスによって、患者が猛烈な勢いで増えるのが特徴です。また、症状も突然38℃を超える高熱になったり、頭痛や関節痛、筋肉痛などを伴うこともよくあります。

カテゴリー一覧

  • 睡眠
  • 足腰
  • 肥満
  • 冷え
  • 風邪
  • 目・脳(こども)
  • 美容
  • 骨
  • 更年期
  • 熱中症
  • 疲労
  • アミノ酸
  • 血糖値