快眠セラピスト/睡眠環境プランナー
三橋 美穂先生

寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。全国での講演や執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティング、ホテルのコーディネイト、快眠グッズのプロデュースなど、睡眠関連事業にも広く携わる。眠りを多角的にとらえたアドバイスには定評があり、睡眠スペシャリストとしてテレビや雑誌等、多方面で活躍中。

寝る時に最適なのは〝パジャマ〟。着るものの工夫が快眠をもたらす

 皆さんは寝る時には、何を着て寝ていらっしゃいますか?
 最近は、冬ならスエット素材やフリース素材の部屋着、夏はTシャツにカットソーや綿素材の短パン等、家に帰ると部屋の中で楽に過ごせるリラックスウェアのようなものに着替え、そのまま寝てしまう方も多いようです。
 快眠を得るには、〝何を着て寝るか〟ということも大切なポイント。そのためにあるのが〝パジャマ〟です。例えば、水泳をする時には水着、マラソンをする時にはランニングウェアを着る等、スポーツでは競技ごとに最適なものを着用して行います。睡眠も同じで、睡眠に最も向いているのが〝パジャマ〟なのです。
 部屋着はリラックスできるように考えられていますが、使われている素材と布団との摩擦が大きいため、寝返りをした際に、生地が巻き込まれて掛け布団も一緒に動いてしまうことが快眠を妨げる一因になります。また、冬用のモコモコとした暖かな部屋着は摩擦が大きいだけでなく吸湿性がありませんので、睡眠中の体温調節ができないという点からもおすすめできません。
 〝パジャマ〟の良い点は、素材やデザイン等、睡眠時に着用することを考えた配慮や工夫がされているところにあるのです。また、部屋着から〝パジャマ〟に着替えることで、寝る準備に入ったことを意識することもできます。

〝パジャマ〟は素材選びも大切なポイント。一番のおすすめはシルク

 眠り始めは深部体温を下げるために発汗量が多くなり、睡眠中はコップ1杯分ほどの汗をかきます。ですから、肌に直接触れるものは、吸湿性と放湿性に優れてるものを選ぶと快適に眠ることができます。
 パジャマの素材としておすすめなのは、綿やシルクを使ったスムースニットやダブルガーゼなど、やわらかいもの。夏ならば、肌にはりつかない楊柳(クレープ)やサッカー生地も快適さを保つことができます。
 中でもシルクは、吸湿性が綿の1.5倍もあるといわれ、放湿性もよいことから、睡眠中に生地がベタつくことなく、いつでもサラッとしているのが特長です。シルクの原料となる繭は、熱帯や極寒等、どんな気候の地域の中でも、ほんの数ミリの繭のシェルターが中の蚕を守るっています。このシルクに備わった、いわば天然のエアコン効果ともいえる特有の機能が、夏は涼しく、冬は温かいという特性をもたらしています。そして、睡眠中の体温変化をサポートしてくれるのです。
 また、シルクは軽いため、睡眠中の寝返りも楽にできますし、シルクに含まれるセリシンというたんぱく質はヒトの肌成分と近いことから、肌なじみがよく、気持ちよさをもたらします。気持ちよさを感じることで副交感神経の働きを高め、リラックスを促すことからより入眠しやすくなります。

体を締めつけない〝パジャマ〟に+αのアイテムで快眠を

 寝る時には、体を締めつけないことも快眠のポイントです。これから寒い季節に向かって、体の冷えを感じ、熟睡できない人も見受けられますが、その一因として、体を締めつけているために血流が悪くなり、手足までなかなか温まらないことが考えられます。手足の先が冷えたままでは深部体温が下がらず、深く眠れなくなるからです。
 〝パジャマ〟はその点を意識してデザインされていますが、もし、新しい〝パジャマ〟のウエストゴムが少しでもきゅうくつに感じる時は、ゴムの入れ替えをしてください。細くてやわらかいゴムを二重にして、腰から落ちない程度のゆるさに調整しましょう。女性の場合は、睡眠時にはブラジャー等の下着で体を締めつけないことも大切です。
 〝パジャマ〟選びや着用の仕方等を工夫してもなかなか眠りにくいという場合は、まずはお腹を温めてみましょう。お腹と手足がポカポカと温かい状態になれば、副交感神経が働き、リラックスした状態をつくることができます。
 簡単でおすすめなのは〝腹巻き〟です。夏でも〝腹巻き〟はおすすめのアイテムです。これも生地がやわらかく、締めつけがないものを選ぶのがポイントです。これからの季節はそれでも冷えを感じることもあるかと思います。その場合は必要に応じて、レッグウォーマーやアームウォーマーを併用するとよいでしょう。これならば血流を妨げずに、手足の先まで十分に温めることができます。
 季節にかかわらず、睡眠に適した〝パジャマ〟で、心地よく質の高い睡眠を得られるように工夫してくださいね。

関連するタグ

関連コンテンツ

カテゴリー一覧

  • 睡眠
  • 足腰
  • 肥満
  • 冷え
  • 風邪
  • 目・脳(こども)
  • 美容
  • 骨
  • 更年期
  • 熱中症
  • 疲労
  • アミノ酸
  • 血糖値